人気の白髪染めに関する口コミ

匂いが気にならなかった

 

白髪染め特有の匂いが駄目なので、これを使っています。これは特有の嫌な匂いがしないので具合悪くならないんです。逆に凄く良い匂いがしますよ。以前は白髪染めをしていると気が滅入っていたんですがこれを使うようになってから気が滅入る事はなくなりました。クリームが適度に硬いので垂れる事がありません。ブラシで撫でるようにつけるだけなので凄く簡単ですよ。仕上がりもムラが出来ないので美容室で行なったような髪になります。髪の毛がパサつく事が無くて艶のある髪質になります。キューティクルも破壊される事は無いと思いますよ。コスパも良いし、今まで使った白髪染めの中で一番気に入っています。部分染めもやろうと思えば簡単に出来ますよ。

年齢:35歳 ビゲン香りのヘアカラー

使い方がとても楽

 

CMなどでよく見かけて成分がよさそうだったので試してみました。シャンプーのあと白髪の気になるところに集中して付けてしばらく放っておき、すすぐだけなのでとても楽です。においが全く気にならないのもよかったです。髪が傷まずきれいになっているような気もします。自然に徐々に染まっていくのでいかにも染めましたという感じがなく白髪染めをしていることを気付かれにくいです。ただ、地肌につけてしまうと黒くなってしまったり、かぶれてしまったため、しばらく使用をやめました。頭皮にやさしいとうたっていたので大丈夫かと思ったのですが、体調などによっては使用を気を付けなければならず残念でした。ポンプタイプだと使いやすいですが、最後の方はプシュッと飛び散ってしまい、浴室の掃除が大変です。

年齢:40歳 利尻ヘアカラートリートメント

地肌に優しい

 

地肌が弱いので、無添加のものをさがして見つけました。ジアミン系やタール系の成分は、発がん性があると聞いていたのですが、ほとんどのものにはこの成分は入っています。ルプルプはそれらの成分も入っていなくて安心です。白髪はそんなに多くはないですが1回で、しっかり染まります。一般の白髪染めやへアマニキュアは手についたり、地肌についたりするとなかなか落ちないのですが、これは石鹸で洗えばすぐに落ちるので染めやすさより、そこが気に入って使用しました。無添加のものでも、中にはかぶれたりした事もあったのですが、ルプルプの白髪染めは大事でした。フコダインの成分なのか髪の毛が艶々になり、しっとりになります。

年齢:43歳 ルプルプヘアカラートリートメント

生え際も全体も染めやすい

 

部分染めも全体染めも両方できるホームヘアカラーです。私の場合、生え際の白髪が目立つので、部分的に染めて残りを次に使えるヘアカラーだととても重宝します。くしのコーム部分に2種類のクリームを付けて混ぜるようにして該当部分に塗っていきます。液だれがしにくいこってりしたテクスチャーでコームになっているのでとても塗りやすいです。匂いはツンとせず、肌につけた時の刺激が少ないところが気に入っています。私の髪色は黒に近いので6のブラウンを選んでいます。真っ黒ではないブラウンなので立体感が出るお色です。家で染めましたが、周りの友達にも美容院へ行ってきたのかと間違われるくらい好評でした。1000円弱で購入できてサロン顔負けの仕上がりになるのでもう手放せません。

年齢:36歳 ブローネワンプッシュカラー

部分染めにもピッタリ

 

生え際や根元に使用するので、クリームタイプを使っています。クリームタイプだとぎりぎりまで染められて白髪が目立ちませんし、残ったらまた使えるのがいいです。後頭部を自分で塗るのは大変ですが、液だれもないので、部分だけでなく全体にも塗りやすいです。部分染をよくするので、一つの商品で2回くらいに分けて使います。染めたいときにすぐに染められて、全体染めでも1時間あれば片付けまで終わります。ちょっとした部分染なら30分もあれば終わります。美容室に行くまでのつなぎにもいいです。私は、部分染めにセルフカラーをして全体染めは美容室で色の調整をしてもらっています。香りのヘアカラーとうたっているだけあって、キツイ匂いはあまり感じませんでした。カラーも豊富でアッシュカラーなどおしゃれな色も選べるのが嬉しいです。ただ現在の髪色に合わせないといけないので、色のチョイスが難しいです。自分で染めるので、染めた後の片付けやクリームがバスルームなどの壁面や流し台などについてしまうと落ちにくいのが難点です。

年齢:39歳 ビゲン香りのヘアカラー

髪にハリとツヤが出てきた

 

市販の白髪染めだと頭皮が痒くなることが多くなり、利尻ヘアカラートリートメントを使うようになりました。使い心地は、髪の毛がしっとりする感じ、ハリやツヤがでてきた感じがします。髪の毛が元気になったという実感があります。お風呂で髪の毛を洗ってから利尻ヘアカラートリートメントをつけますが、数分、それ以上は待たないといけないので、湯船に入ってのんびり待っています。サランラップやヘアキャップを被ったほうがいい感じに染まります。悪かった点は、なかなか白髪が染まらないこと。数回トリートメントをしてようやく白髪が染まる感じです。また染めた色も抜けやすい感じがします。髪の毛を染める感覚よりもトリートメントをするような感覚で、1日おき、3日おきといった感じで、いつもしないと維持できないのが面倒です。髪の毛や頭皮に優しいので安心して使ってますが、手間はかかるのは少し嫌だなと思っています。

年齢:45歳 利尻ヘアカラートリートメント

これからも使いたい

 

薬局などよくで売っている白髪染めは匂いが苦手なのと使った後に頭皮がカサカサした感じがするので利尻を使うようになりました。使い心地は液体というよりはドロッとした感じで、自分が不器用なせいかもしれませんがちょっと髪に塗りずらかったです。ただドロッとしているので液垂れの心配は全くありませんでした。あと容器が少し固めなので残りが少なくなった時はちょっと出しづらいです。匂いはツーンとするのは全くなく洗った後も頭皮がカサカサしなかったので、肌や髪にはいいと思います。染まり具合は一回で完璧とはならないけれどヘアカラートリートメントだと思えば十分満足のいく染まり具合でした。染める期間を短めにしてトリートメント気分で使えば肌にも髪にもいいですし、これからも使おうと思っています。

年齢:47歳 利尻ヘアカラートリートメント

これからも使いたい

 

40歳を過ぎて白髪に悩むようになりました。定期的に美容院に行って染めてはいるのですが、 髪が伸び始めるとすぐに新しい白髪が気になってしまうのです。そこで、自分で家で手軽に染められる白髪染めを探していました。ブローネワンプッシュカラーは、テレビのコマーシャルで見たことがあったため購入してみました。コマーシャル通り、使用方法はとても簡単で、付属のブラシの先から出る液をブラシで撫でつけるように髪に塗るだけです。しばらくすると色が定着するのでそれで完了です。毎日メイクをするように、髪も簡単に染められるのでとても便利です。欲を言えばもう少しカラーのバリエーションがあるとよかったと思います。ですが、手軽で綺麗に染まるので満足しています。

年齢:43歳 ブローネワンプッシュカラー

余ったらとっておけるのが良い

 

私は若い頃から白髪に悩まされてきました。40歳を過ぎ年々増えていく白髪…。白髪があるだけで老けて見える印象になるので以前はブローネ泡カラーを気に入って使っていました。違う物を使う気は全くなかったのですが、CMを見てブローネワンプッシュカラーに興味を持ち使ってみました。ワンプッシュで済むし、何より使いきれなかった時は取っておけて次回に使えて便利。髪の毛が短い分 取っておけるのが本当に便利でした。生え際の白髪って気になりますよね。髪のダメージが気になるので今までは一ケ月は染めるのを我慢していましたが、ブローネのワンプッシュカラーなら気になる生え際(分け目や顔まわり)をブラシ(ミニブラシ)で気になる部分だけ。気になった時に染められて本当に助かりました。私は明るめのカラーを使用する事が多いのですが、色のバリエーションが多いので季節やその時の気分に合わせて使い分けしてます。

年齢:49歳 ブローネワンプッシュカラー

女性に人気の白髪用ヘアカラートリートメントは?

近年人気が高まっている白髪用のヘアカラートリートメント。

 

おしゃれに敏感な女性たちの間でも話題になっています。

 

白髪は美容院でプロの手でカラーリングしてもらうのが確実ではありますが、いかんせん費用がかかりすぎるのがネックです。

 

髪の量や伸びるスピード等によって個人差がありますが、人によっては毎月美容院に通っているという人もいます。

 

美容院によってカラーの料金はピンきりですが、一度の施術で数千円程度必要な場合がほとんどではないでしょうか。

 

白髪は何とかしたいけど毎月そんなにお金をかけるのは…と内心思っている人も多いでしょう。

 

トリートメントタイプの白髪染めは何と言っても髪が傷まないのが最大のメリット。

 

通常の白髪染めは薬剤を髪の芯まで浸透させて染めるので、髪へのダメージがかなり大きいですが、こちらの場合はトリートメントですので髪へのダメージはほぼないと思って問題ないです。

 

普通、白髪に限らずカラーリングは繰り返せば繰り返すほど髪がどんどん傷んでいくものですが、トリートメントタイプでしたらその心配もありません。

 

通常のトリートメントを使うのと同じように入浴時に使えるので、わざわざ髪を染めるためにあれこれ特別に準備をする必要もなく、楽に染められるのもメリットです。


通常の白髪染めよりもトリートメントの方が良い?

白髪染めには色々な種類がありますが、最近ではトリートメントタイプの白髪染めの人気がかなり高まっています。

 

その理由としては

  • 頭皮へのダメージが少ない
  • シャンプー後に使えるから手間がかからない
  • キューティクルが開かないから髪が傷まない

という点が挙げられます。

 

普通の白髪染めはコスパや色持ちはいいのですが、髪が傷みやすいのが最大の難点。

 

回数を重ねれば重ねるほど傷みも蓄積され、髪はもちろん頭皮にも大きなダメージを与えてしまいます。

 

髪の質や肌質によってはダメージがかなり酷いことになるので、通常のヘアカラー剤はあまりおすすめできないのです。

 

その点、ヘアカラートリートメントの場合は個人差はありますが髪にも頭皮にもダメージはほとんどないと考えて大丈夫です。

 

普通の白髪染めと比べるとお値段は少し張りますが、美容院で定期的に白髪を染めてもらうよりはずっとお得なんです。


女性に人気の白髪染めおすすめはこちら

ルプルプヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

ビゲン香りのヘアカラー

ブローネワンプッシュカラー

キラリ カラートリートメント

白髪染めQ&A

白髪染めトリートメントは色落ちしやすいって聞いたんだけど…

はっきり言ってその通りです。

 

トリートメントタイプの白髪染めはヘアマニキュアのようなもので、美容院でプロにカラーリングしてもらった場合と比べると、どうしても色落ちが早くなってしまいます。

 

ただ白髪染めトリートメントは髪をシャンプーした後に通常のトリートメントと同じように使えるので、2〜3日に一度程度の頻度で使っていると色をキープできます。

副作用やアレルギーの危険はないの?

多くの白髪染めには「ジアミン」という化学成分が含まれています。

 

ジアミンとはパラフェニレンジアミンという化学染料のことで、ヘアカラー剤の主な成分となっています。

 

髪を染めるのに欠かせない成分なのですが、髪を染めた時によくある頭皮のかぶれやかゆみといったアレルギー症状を引き起こすのもこのジアミンであることが多いのです。

 

ジアミンアレルギーは事前にパッチテストを行うことで回避することは可能ですが、パッチテストで陰性だったからと言って実際に髪を染めてみて、絶対にアレルギーが出ないというわけではありませんので、テストの結果如何に関わらず違和感があったらすぐに使用を中止してください。

 

ちなみにジアミンはヘアカラートリートメントには含まれていないことが多く、それ故にトリートメントタイプの白髪染めは頭皮や髪へのダメージが比較的少ないと言われています。

 

もちろんジアミンが配合されていないからと言って、すべての方にアレルギー症状が出ないというわけではないので、事前に成分をよく確認しておきましょう。

白髪を染めた後に使うシャンプーはいつもので大丈夫?

白髪を染めたあと、できれば一週間程度はカラーケア用シャンプーとトリートメントを使うのが理想的です。

 

カラーリング直後の髪はキューティクルが開きっぱなしになっており、アルカリ性に傾いているので専用のシャンプーやトリートメントできちんとケアしてあげることが重要です。

 

また、普通のシャンプーよりもカラーヘア用のシャンプーの方が色落ちがし難いというメリットもあります。

男性用の白髪染めと女性用の白髪染めって何が違うの?

成分的な違いはほとんどありません。

 

よく男性用の方が刺激が強いとか傷みやすいのでは、と思っている方がいらっしゃいますが、決してそんなことはありません。

 

女性が男性用の白髪染めを使うと髪や頭皮が傷みやすいとか、染まり具合が違うとかいうことはないと思って大丈夫です。

 

男性用と女性用で違うのはカラーバリエーションや香りなどの点です。

 

女性の場合、白髪染めといえども人によって求めている色が違います。

 

逆に男性の場合、こちらももちろん人によって好みはありますが、基本的に黒染めしたい方が大多数な為、女性用の白髪染めと比べるとカラーバリエーションはあまり豊富ではありません。

 

なので男性が白髪染めをする場合、「黒じゃなくて別の色に染めたい」と思ったら、男性用にこだわらず女性用の白髪染めを使用しても何ら問題はありません。

白髪染めとおしゃれ染めの違いは?

端的に言えば、いわゆるおしゃれ染めで白髪は染められません。

 

通常のヘアカラー剤は白髪には反応せず、色素の残っている黒髪のみ染めるので場合によっては染める前より白髪が悪目立ちしてしまうことも。

 

その理由としては、おしゃれ染めには脱色成分が配合されており、地毛をブリーチしながら色を少し入れる構造になっていますが、白髪染めの場合はブリーチしても意味がないので(白髪は既に色素が抜けきっているため)脱色剤は基本的に配合されておらず、おしゃれ染めよりもカラーリングの成分が強くなっています。

 

白髪染めはきちんと白髪が染まる成分で構成されているので、白髪を染めたいならやはり白髪染めと銘打っているものがおすすめです。

現在、妊娠中or授乳中なのですが、白髪染めを使っても大丈夫でしょうか?

白髪染めは基本的に妊婦さんや授乳中のお母さんが使用することはメーカー側から禁止されている場合がほとんどです。

 

妊娠中の女性の体は非常にデリケートで、ちょっとしたストレスや刺激も悪影響を及ぼす可能性があります。

 

いつもなら何ともない白髪染めの匂いで気分が悪くなったり、今まではそんなことなかったのに頭皮がかぶれたりとトラブルに発展することも少なくありません。

 

ヘアカラートリートメントの場合は身体に優しい無添加成分が配合されていることが多いですが、それでも悪影響がないとは言い切れないので、心配な場合はかかりつけ医に事前に相談しましょう。

ルプルプをキャンペーン最安値で買うならこちら!


このページの先頭へ戻る